ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(長い)

2016/10/20

面白いものが発表されましたね

手のひらサイズのファミコンに30タイトルを収録
「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」
11月10日、メーカー希望小売価格5,980円にて発売

  • ファミコンを模したエミュレータ
  • 人気ソフトを30本収録
  • サイズはオリジナルから60%の小型サイズ(コントローラーも)
  • 1,2コンはそのまま使用可能
  • リセットボタンで中断セーブができる
  • 電源はUSB(別売り)
  • TVとの接続はHDMI(本体同梱)
  • 2コンにマイクは無し

簡単に、以上でしょうか。

あのパッケージ

おっさんには見覚えのあるこの箱。

これがパッケージとあらば、コレクターズアイテムとしてだけでも欲しくなってしまいます。

別売りのUSBアダプタですら
宣伝広告展開イメージくう、欲しくなってしまう・・・!

中身はVC?

ラインナップタイトルを見ていると、VC(バーチャルコンソール)にある感じですが、約6000円で30本入っているなら、お得かも?

個人的に熱いのはアトランチスの謎、ロックマン2、熱血大運動会、魔界村あたりでしょうか。
マリオやゼルダは、その昔3DSのアンバサダープログラムで入手しているので、このあたりの兼ね合いが微妙なところです。

コレクターズアイテムか

結局のところ、6000円で好きなVC買う選択でも十分な気がします。

そう考えると、完全にファミコン世代を狙ったコレクターズアイテムの要素が強そうです。

私も、ゲームプレイよりも、持っておきたい!というだけで購入意欲があります。
子供たちにプレイさせてもいいですけどね。

Amazonではポストカード付があるんですね。

※記事作成時点で、Amazonはマーケットプレイスが高騰しているので、限定版以外は貼るのやめておきます。

 

ブログランキング

-ゲーム
-,