ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド レビュー

2017/06/05

またしても前回の記事からだいぶあいてしまいました。
完全にこのゼルダのせいでした!

毎日睡眠時間を削りながら、土日もどっぷりと。。。
というわけでひとまずクリアまでいったので、レビューしてみます。

ネタバレは避けておりますが、ふとした単語でも気になる方は、スクロールせずにそっと閉じてください。

 

プレイ時間など

振り返ってみると、だいたい週に30時間くらいやっておりました。
4週ほどでクリアしたので、ざっくり120時間というところです。

後述するやりこみ要素やいろいろ回り道もしていたので、要点をかいつまめばもう少し早くなりそうですが。

個人的には、攻略も見ずにいろいろと探索しながら楽しむスタイルなので、十分なボリュームでした。
クリアした現時点でもまだコンプとは言えない状態です。

システム(全体)

オープンワールドなので、いきなりガノンのところにいけます。

ストーリーの順を追いつつ、各地を回るスタイルでプレイしましたが、システム的にはどこにでもすぐ行ける状態です。
もちろん難度の差はありますが、プレイヤースキルさえあれば、どこへでも!

今回は回復もリアルに、料理です。
果物などはそのまま食べても回復しますが、調理することで効果がアップしたり、追加効果が発生します。

リンクは記憶を失っているので、各地の思い出しポイントで、記憶をたどって行くことができます。
やらなくてもクリア可能ですが、完全に記憶を取り戻していると、エンディングに追加ムービーが出ます。

システム(戦闘編)

戦闘は基本アクションです。盾で防御しながら剣を振るう。

モンハン的に言うところのジャスト回避・ジャストガードみたいなシステムもあり、成功するとラッシュ攻撃のチャンスとなります。
が、タイミングが慣れないと難しい。

また、武器や盾は、使っていると破損します。(鎧・服系の防具は壊れない)
なので、倒した敵の武器や盾、または宝箱からの入手により、補充が必要です。

マスターソードは壊れませんが、耐久がゼロになると、一定時間眠りにつきます
(クールタイムはリアル時間で10分)

魔物のアジトを奇襲したり、中ボスを倒したり、うろうろしているだけでも結構楽しいです。

やりこみ要素

シリーズおなじみのやりこみですが、今回はかなりスケールが大きいです。

・コログのミ

マップ各地に点在するコログ族を見つけて、ミをもらいます。
集めた数に応じて、ポーチ拡張してもらうことができるようになります。

見つけるには、小石を持ち上げたり、不自然な穴に向かって付近にある石をはめてみたり、的当てなど、さまざまな方法で見つけられます。
マップに不自然なものがあったら、探ってみる癖がついてしまいます。
ちなみに、全部で900あるそうです。。

・試練の祠

ストーリーにもある程度絡みますが、全部やるのはやりこみ要素のひとつです。
内容は、ピタゴラ装置的なものから単純に力試し、祠を探すこと自体が試練だったりなど。
こちらは全部で120。すべての祠をクリアすると、ご褒美がもらえます。

・ウツシエ

ウツシエ機能が開放されると、武器、食材、魔物などを撮影して登録できます。
ルピーで写真を購入することも可能ですが、膨大な量なので、ある程度自分で撮影して、どうしても撮影できなかったものなどは購入がよさそうです。

・中ボス

各地に大型モンスターが点在しています。
ストーリー上の絡みはほとんどありませんが、クリア後に、討伐数を確認できてしまうので
コンプしたくなりますね・・・

クリア後

クリア後、エンディングが終わると、タイトルに戻ります。

ロードは、ガノン戦の直前の状態でのロードになります。(セーブ場所の横に★マークがつきます)

クリア後に開放されることはあまりありません。
マップ画面でコンプ度が%表示されたり、キルトンに中ボスの討伐情報が聞け、各種の中ボス全討伐で称号アイテムがもらえるくらいです。

コンプ度はウツシエやコログも含まれているらしく、120個祠コンプ、100ちょいのコログで、クリア時点では34%程度でした。

追加コンテンツ

追加コンテンツがDL販売されています。

現時点では、記念アイテム的なものがもらえるだけですが、今後2回のアップデートが予定されているようです。

エキスパンション・パスについて

勢いあまって2週目もやろうか悩んでいましたが、夏にハードモードでやろうかな、と思っています。

今はMHXXも積んでいるので…!

 

(画:奥さんがホワイトボードに描いたコログ)

ブログランキング

-ゲーム, レビュー
-, ,