自転車初乗り教室を体験してみた(子供達が)

2017/07/26

昔は勝手に自分で練習して乗れるようになったりしましたが、昨今の子供はどう練習してるんでしょう?

うちの子たちはまだ自転車には乗れません。
下の子は5歳なので、まだ静観していたのですが、上の子は小3。
さすがにそろそろ。。。と思っており、休みの日には練習に付き合ったりもしたのですが
親に似た運動神経の微妙さと、本人もあまりやる気を見せないのでズルズルと来ております。

と、そこで奥さんがママ友経由で入手した情報が

自転車初乗り指導協会 の指導教室です。

もはやこれを利用してみるしか・・!ということで、近所で開かれるということもあり、申し込んでみました。

費用とか、必要なものとか

費用は3500円。自転車レンタルの場合はプラス500円です。

値段を考えると、家でやれば・・と思わなくもありませんでしたが
時間が取れなかったり、時代的に一人で練習させるのが危ないというところもあり
試しに、うまくいけば・・という気持ちで申し込んでみました。

講習時間は2時間です。

長袖、長ズボン、手袋の用意を求められます。
すでに夏の気候だったので、上はさすがに半袖で行きましたが特に注意はありませんでした(参加者ほぼみんな半袖)
ただし、手袋は転んだ時に手をつく関係か、装着を求められます。
無い場合は若干数貸し出しもありましたが、今回我が家では開始直後に近くの100均で買ってきて対応しました。

実際の流れ

講師の方二人(メイン一人、遅い子などの補助に一人)で10人弱を見てくれました。

今回は上記写真のように、スーパーの駐輪場スペースを借りての開催となっています。

倒した自転車を起こす、自転車にまたがる、またいだまま歩く、歩けたらキックしてみる、板で坂を作って下る、というように段階を踏んで指導してくれます。

また、最初はペダルを外して行なうので、自転車をまたいだまま歩いたり、キックして惰性でバランスをとるなどの時がやりやすそうでした。

最後にペダルをつけ、板の坂から下りながらペダルに足をのせてこげたら・・!というのがゴールのようです。

指導について

男性二人ながらも、子供慣れはしているようで
いろんな子供がいるながらも、うまく対応してくれたように見えます。

褒めることを第一にしており、見学している親にも、休憩時間は褒めてください!とお願いしていました。

休憩は10~15分おきにとってくれたので、子供たちの集中力的にも良い感じでした。
後半はまとまった休憩以外にも随時休みたい子は飲み物を飲んだり、頑張りたい子は続けたり、臨機応変な対応がうまいです。

そして結果は・・・!?

小3の息子は、内容にもしっかりついていけていたので、あと少しでしたが、一人でこげるまでにはなりませんでした。
もう一息!というところだったので、本人的には今後も自主練習をしようという意識にはつながったように見えます。

5歳の娘は、最初から怖がっており、自転車をまたいで歩くことから怖がって遅れていたので
補助の方についてもらい、ひたすら2時間歩く練習でした。
こっちのほうが前途多難です。。

ちなみに参加した子の中で、最後の試練をクリア(ほぼ乗れるようになった)のは1人だけでした。

絶対に乗れるわけではない

当たり前ですが、絶対に乗れるようにしてくれるものではないので、ご注意ください。

冒頭でも述べましたが、乗れたらもうけもの、くらいの気持ちだったので、そこまでガッカリはしませんでした。
上の子については、やる気を引き出せたのでよかったと思っています。

下の子は自転車の大きさも、もう少し小さい・軽いほうがいいかも?ということが見えたので、得るものはあったと思います。

乗れなかった場合は、次回参加の費用が1200円になるということがWebに記載されておりますが
何かチケットをもらうわけでもなかったので、名前を記録しておくのかな?と推察しています。

 

 

ブログランキング

-レビュー, 生活
-