【Nintendo Switch】Joy-Conストラップのロック部分を直す

2020/02/02

以前、Switch購入時にやってしまったストラップ逆付け。

写真のイエローのほうが逆付けしてしまったのですが、それ以来ストラップのロック機構がおかしくなってしまいました。
なので、とりあえず直してみた記事です。(そんなに複雑なものではありませんが)

※もちろん自己責任。メーカー保証対象外となる可能性がありますので、ご注意ください。

現状確認

右がロック状態のレバー(下部グレーのところ)位置です。

イエローのほうは、レバーが上に上がらなくなってしまいました。

並べてみると、ロックのツメが出ていません。
Joy-Conに取り付けても、するりと抜けてしまうのです。

では、解体

レール部分にネジが3つあるので、これだけでレールは取り外せます。

スプリングのせいで、レールを外すと同時にツメも飛び出してしまいました。
レール下にあるイエローのプラ部分も、SL/SRボタンのスプリングに押されて上がってきますので、バラバラにならないよう注意。

こちらが問題のツメ。
ひとまず外傷はなさそう。

ツメが入っていたのは、写真の下部のところです。

ロックバーを上げると、グレーの突起が上がってきたのがかろうじてわかるでしょうか。

これでツメを沈まないようにして、ロックをかけるわけですね。

アンロック状態で、綺麗にはめ込んで元に戻す。。。

できあがり

ツメがブルー(正常)と同じくらいに戻ってきました。

結局逆さ付けしてしまった時の、取り外し作業の中で、ツメの位置が歪んでしまったみたいです。

組直しで元に戻ったのでよかったよかった。

 

解体はお勧めするものではありませんが、わざわざ修理も・・ということで、ご参考程度のお話でした。

 

 

ブログランキング

-ゲーム
-, ,