ワイモバイル Android one X2 にMNP!

2018/03/15

久々に乗り換えました。

使っていたZenfone2がタッチパネル誤作動を起こすようになって、一時的な改善はしたものの再発を起こしたり、と限界を感じたので、ついでにMNPしました。

新たにワイモバイル加入となったので、実機とキャリア含めてのレビューです。

ハードはいいから、キャリアの話だけ、と言う方は下のほうにジャンプしちゃってください。

Android one X2 - 前機種(Zenfone2)との比較

私が気にしていたスペックの部分だけをまとめていた表です。
その他詳細はワイモバイルのHPか、HTCのHPで・・!

一応少しだけ触れると、このほかに

  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ
  • USB type C

なども、機種変更で新たな機能となりました。

ちなみに、X2を選んだのは

  1. HTCのデザインや独自機能が気になる
  2. 防水機能が欲しい
  3. 指紋認証機能が欲しい
  4. Snapdragon630以上は欲しい…
  5. メモリ(RAM)は多いほうがいい
  6. アウトカメラはそれなりの性能が欲しい

などの理由からです。

Android one X2 - 外観

5.5インチから5.2インチに変更したので、キモチ小さくなりましたが、私の手にはこのくらいのほうが片手操作はしやすそうです。

超映りこんでますが、サファイアブルーを選びました。
暗めの青なので、落ち着いた感じです。

テッカテカで、指紋はつきやすいです。
後ほど透明なソフトカバーをつけました。

右側から撮影

本体右側面にボリュームと電源ボタン。
ハードスイッチはこれだけです。

下から撮影

下部にUSB-Cのコネクタが、向かって右端についてます。
あまり他の製品にない位置なので、特徴的ですね。こういうの好きです。

上から撮影

上部にはsim/microSDスロットがあります。

全体的に丸みを帯びた、今風なデザインです。
結構軽い(142g)ので、ポロっと落としそうで注意してます。

エッジセンス

上位機種のU11などにも搭載されているHTC独自機能のエッジセンス。

本体の両サイドを握るように力を入れると、割り当てた機能を実行することが出来ます。

短押し・長押しそれぞれに割り当てられるので、私は
短押し:カメラ起動
長押し:スクリーンショット

と設定しています。

握りの強さも設定で変更可能なので、ちょっと弱めにしています。

誤作動の不安もありましたが、以外にしっかり握らないと機能しないので、頻繁に誤動作になることはないです。
スリープ状態からも行なえるので、たまにスリープからいきなりカメラ起動になることはありますがっ

ハイレゾイヤホン

X2にイヤホンジャックは無く、USB接続のイヤホンが付属しています。

HTC Uソニックとかいう技術で、「あなたの耳の聴こえ方を解析して、最適な音を調整する」とうたっています。
設定画面で調整が可能です。

また、アクティブ・ノイズキャンセレーション機能搭載で、雑音も軽減します。

イヤホン自体も装着しやすく、耳にフィットするものだったので、持っていたBluetoothイヤホンよりコッチのほうがいいかも…となりました。

ハイレゾの音源も持ってないし、違いの分かる耳でもございませんが、「あ、ちょっといいよ、これ」となることは確かでした。

嫌味のない程度に低音が効いて、耳にもフィットしてノイズ低減と、使い心地は良いです。

バッテリの持ち具合

本機は2600mAhと、ちょっと他に比べて少なめのバッテリ容量なので、レビューなどでもよく話題に上がっていました。

実際使ってみたところ、特に気にはならなかった、と言うのが感想です。

ココで言う「気にならない」は、「1日使うのに余裕を持って使える」という意味です。

私の使用環境は、だいたいAM6:00~PM22:00の16時間使用です。
そのうち

  • 往復3時間の通勤でWeb閲覧、ゲームなど
  • 帰宅後に1~2時間、Web閲覧、ゲームなど

なので、ヘビーな使い方では無いほうだと思いますが。

参考までに、とある一日の減り具合を貼っておきます。
朝から使って、寝る前(充電前)の状態です。

減りも早くないし、充電時間も短く、特に不満は無いですね。

カメラ

イン・アウト共に1600万画素という、数字的には申し分ないスペックです。

セルフィーとかあまりしないから、インカメラは割とどうでもいいですが!

前述のエッジセンスでシャッターに設定もできるので、カメラに特化させた設定で更に便利に使うことが出来ます。

ワイモバイルでの速度

セカンドキャリアということで、他のMVNOと比較したいのはやはり、平日の昼と夕方。

どちらも職場(西東京市)付近にいるので、そこで計測してみました。

前キャリア時の機種は、もちろんZenfone2です。

平日の昼間(12時半頃)下り速度

前キャリア時 0.6Mbps
ワイモバイル 22Mbps

平日の夕方(18時頃)下り速度

前キャリア時 2.0Mbps
ワイモバイル 77Mbps

セカンドキャリアの強さを見せ付けられた感。

いつも遅さを感じていたシーンでのWeb閲覧が、体感でもスムーズになったと感じられる速度でした。

やっぱり速いは正義だよね…

ワイモバイルでの契約について

オンラインなら別ですが、店舗では契約時に2つのオプションは強制でした。

  • エンジョイパック
  • 故障安心パックプラス

エンジョイパックは、500円クーポンがもらえるので、500円+Tポイントで買えるアクセサリ(今回はスマホのソフトケース)を買って、早々に当月解約しました。

故障安心パックプラスは、本体故障時の保証サービスなので、ちょっと迷っています。
月額690円なので、積もり積もれば安くは無い。。

故障安心パックプラスのバッテリ交換サービス

故障安心パックプラスには、バッテリ交換サービスが含まれています。

正確には、「電池パック無料サービスまたは内蔵型バッテリー交換修理割引サービス」です。

1年以上同一機種を使い続け、故障安心パックプラスに加入し続けていることが条件です。

"電池パック無料サービス"はその名の通り電池パックをもらえるのですが、本機(X2)のような昨今のスマホは電池パックの取り外しがユーザーは出来ないので、"内蔵型バッテリー交換修理割引サービス"が適用となります。

"内蔵型バッテリー交換修理割引サービス"はバッテリー交換の修理代金を一律3,000円割引するサービスです。

対応はワイモバイル店舗のみのようで、そもそも一律3,000円割引と言っても、元の修理代金がいくらになるか不明なので、サポートに問い合わせてみたのですが

なお、修理代金につきましては、お電話機の状態を確認させていただいた上での
ご案内となります為、当窓口にて修理代金についてのご案内は叶わぬ次第です。

修理代金のお見積りは無料で承っておりますので、ワイモバイルショップにて
ご確認をいただきます様お願い申し上げます。

とのことでした。

1年以上経って、ヘタッてきたら、持ち込むのも手でしょうが
月額690円を1年以上続けるかどうかは要検討です(本体保証も含まれるとはいえ)。

おまけ

こんな冊子くれました。

基本操作は網羅していました。
初めてAndroid使う方とかには便利そうですね。

ブログランキング

-デジもの、家電, レビュー
-, , , ,